HipHop,R&B,and World Dance Music Records!(US,UK,Italian,French,Tagalog,Jap...and more)
ホームAbout Price

「LOT RECORDのお値段とかについて」

 LOTRECORD(以下ロトレコ)では、V.I.P会員とその他では、お値段が違います。会員についての詳細は「V.I.P会員」をご参照ください。

ロトレコでは、基本価格帯というものを基準とするために設定しており、300円~6300円という間です。

つまり、基本的には300円以下の商品も6300円以上の商品もありません。

(もちろんすべてオリジナル盤(一部企画盤やExclusiveRMXはあります)で、ブートや再発は基本的にプレゼント用)

 

が!

 

年に2回やる「ロトレコ放出」では、6300円を軽く上回る商品も出てきます。

*むちゃくちゃなレア盤というのはやはり存在し、中級者以上のレヴェルの方や、プロDJを目指しているなんて方を満足させるような盤を出すには、時にはこういう万越え盤を出していくのもレコ屋としての主張なのかもしれません。ですので、レコ屋としてはあまりオススメできませんが、こういうコレクターズアイテムを出すのは放出で!というポリシーがあるのです。
だもんで・・・ 「放出」は気合いがはいりますw 他店で売り切れ続出のアイテムから、どこの店でもまだオススメしていないような激マニアックな一品まで、じっくり選定された、いわば、レコードのエリートたちが出そう瞬間です。 もちろん・・・ロトレコといえば、バカみたいなキャッチー盤も魅力の一つなので、そういう時には、ロトレコしかオススメしない(といえるような)盤がおまけに出てきますので、それもまた、ウケるw的に見てほしいと思っています。
しかし、一般的にロトレコがオススメするアイテムの平均的なお値段は、1300円前後の商品が主力商品であり、特に人気の高いアイテムでも1300円から3300という低価格となっております。

これは、自分がレコ屋を始める前にいろいろ勉強させてもらったレコ屋さんやバイヤーの方から教わった教訓や自分なりにレコ掘りを沢山して獲た経験をもとにこの価格帯が趣味のモノとして、また、長くゆるく続けていくには適切な値段じゃないのかなと感じているからなのです。

今まで数えきれないほど、世界中のレコ屋に行きました。そんな中でいろいろなお店で多くのことを学ばせて頂きました。そういう経験からウチの商品は値段がつけられています。

従って、その「お値段」=「評価」となっています。

ウチでは、相場もキッチリみています。そして、ウチでは、相場より10~30%安くできるように常に勉強しています。

つまり、3000円のモノは2100円で、10000円のものは6300円で、といったような・・・

わかっていただけましたか?

ウチの評価は圧縮されているのです!

1300円の商品は1800円クラスの評価。2100円クラスは3000円クラスの評価。6300円クラスは10000円の評価となっているのです。

逆に考えると・・・割安ですよね。10000円のモノが6300円でゲットできるし、3000円のモノは2100円で・・・

いくらレア化しても、レコードは流行りが終わったりしたら、結局、値崩れを起こしやすいので、高額盤を買うにはかなりのリスクがあることをよくよく理解していないと、「レア盤ばかり買って、お金が続かないために、DJの面白さをわからないまま、1、2年でDJを辞めてしまう」なんてよくあるパターンになりがちなのです。

レコードは本当にめぐり合いの運だのみなんで、1年に一度、いや、10年に1度しか遭遇しない盤もあります。そんなにレアじゃなくても、運がなければ、出会えないモノなのです。

そんな貴重な盤を、そんなに思い入れのある盤を、「1、2年でDJを辞めてしまってどこかに売払って、流行りが終わったからという理由でクズ盤扱いにさせてしまう」そんな方に、ウチのレコードをホイホイだしたくないし、そういう盤は、本当にその盤を必要としている人にお譲りしたいと思うのです。

自分も、そうやって一軒一軒レコ屋を自分の足でまわり、一枚一枚レコードを集めてきました。

そんな理由があるからこそ、ウチは会員制になっているのです。

「会員になる」=「自分を信用してくれている」と私が思えるからこそ、一枚でも多くご紹介して、一枚でも多くオマケをプレゼントするし、100円でも安く放出したいなと思えるのです。

そうすることがレコ屋としての在り方なんじゃないかなと思います。

だからこそ、ウチは単に「お客さんとお店」ではなく、「同じ趣味の集まり」的な「同好会」や「サークル」みたいな雰囲気があるのです。初心者DJもフォーローをしっかりするのも先にいる者の使命だと思いますし、イベントもやっていたのも、そういう理由からです。

 

部分的にみて、

ウチより、「お値段が安いお店」もあるでしょう。

ウチより、「知識が豊富なお店」もあるでしょう。

ウチより、「サービスが満点なお店」もあるでしょう。

ウチより、「のんびりできるお店」もあるでしょう。

ウチより、「コネがあるお店」もあるでしょう。

 

でもね、ウチはこのジャンルに関して、総合でいったら、音楽がどれだけ好きかでいったら、日本、いや、世界レベルでも、そんなに負けることがないほど「高水準なお店」だと確信しているし、そう思えることが、今までお世話になった世界中のレコードショップ・バイヤーさんに対する敬意の表れだと自負しています。

と、ここまで言えるのも、真のレコ屋ではなく、趣味としてのレコ屋であるから、営利目的だけにとらわれずにすむからこそ、言えるのかもしれません。現にリアル店舗のレコ屋はドンドン廃業に追い込まれていっているのですから・・・